紙の厚さの単位は何故「kg」なの?

紙の厚さの単位は何故「kg」なの?

posted in: ABOUT ラベルシール | 0

紙の厚さを表現するのに「55kg」とか「90kg」とか書いてあるけど「kg」って何?なんで「mm」じゃないの?
私もこの業界に入った時、イメージできなかったし、意味もわかりませんでした。
ネット印刷のサイトでも解説されていないし、どう解釈したら良いのでしょう?
この「kg」、重さの単位の「キログラム」です。
何で厚さの話なのに重さの単位ってどういうこと?
こういうことです。

紙の厚さの単位「kg」の解説

まず、紙の寸法の一つに「四六判(しろくばん)」というのがあります。
(他に菊判、A判などもあります)
原紙の大きさは788mm × 1091mmです。
これを1,000枚積み上げます。
その重さが55kgとか90kgということです。

紙の厚さの単位「kg」

実際の厚みは?

「kg」の意味は分かったけど、実際の厚みがイメージできないですよね。
そこで、一般的になじみのある紙で説明してみたいと思います。
下記の表を参照下さい。

連量 厚さの目安 特徴・用途
55kg 0.08mm 一般的なコピー用紙より少し薄い用紙です。
70kg
73kg
中厚口
0.08~0.10mm 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。
折り込みチラシなど薄めのチラシに使われます。
90kg
厚口
0.09~0.13mm 一般的なチラシやフライヤーなどに使われます。
105kg
110kg
特厚口
0.10~0.16mm 商品パンフレットや会社案内、ポスターに使用されます。
130kg
135kg
0.13~0.19mm しっかりした冊子の表紙やポスター、商品パンフレットなどに使用されます。
150kg
180kg
0.21~0.26mm ポストカードやチケットに使用されます。
220kg 0.25mm 一般的なポストカードよりも厚く、かなりしっかりとした厚さです。
Comments are closed.